忍者ブログ
うっちー徒然
[151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★今日の整理整頓済アイテム:薬箱

え、さて。こんばんは、逢坂です。
今年の課題をひとつクリアした所で本題です。
あらかじめお願い申し上げますが、本日のエントリに下記に登場する方々は
思いがけず遭遇した自分が勝手に「ふっしぎぃ~」と思っているだけで
ご本人様がたが真に「不思議ちゃん」なのかどうかは不明ですので
ご本人様がたの名誉のためにも、その辺り、どうぞお含み置き下さいませ。


一件目。
あれは昨年末、旅行に行く少し前でしたから、12月初頭の頃でしょうか。
いつものように、愛犬を連れて、最寄りの公園に散歩に出ました。
その公園はけっこう広くてしかも綺麗で、用水沿いの桜並木はもちろんのこと、
近くには城の旧跡や美術館まである、という充実っぷりでございます。

で、愛犬と連れだって桜並木を通りかかると、
まだ大学生くらいの男女カップルが、楽しげにおしゃべりしながら
前を歩いていたわけです。
で、わたくし多少、歩行速度が早いので、いつのまにか
カップルに追いついてしまう形になりまして。
なんとなく、そういう時って、気が引けるといいますか、
とりあえず二人のお邪魔にならないように、
アウトから追い越して行くつもりだったのです。

したら。カップルの男子の方が、先に愛犬に気がついてしまったようで。


「うわっ、かっわいい~!あのコ(愛犬)、チョー可愛くね?
 てかヤバイって、マジ可愛いって。妖精みた~い(はぁと)」


…大変申し訳ないのですが、わたくし、正直、引きました。
口調がもろ女子高生じゃねえかってのはともかく、「妖精」ってなんだ「妖精」って。
よくよく見ればかなりフェミニンな感じの男子でしたし、
多分、彼女(か、友達)と連れだって美術館にでも行く途中だったでしょうから
(これが、噂の、草食系?)かと慮りましたが
「妖精」すごいよ「妖精」。

ふだん、全く意識していないボキャブラリィを唐突に耳にすると
ものすごいインパクトがありますねえ。


二件目。
大当たり養生による寝正月、ではあっても年賀くらいには行くわけでして、
元日の朝、実家に戻り、お雑煮のつゆなどすすっておりましたところ
しばらく会っていなかった叔父(母の弟)が実家を訪れました。
叔父は母に話があったらしく、別室で、しばらく時間を過ごしておりまして、
私もそろそろ潮かいね、と愛犬の待つ仕事場に帰ろうとしましたら
叔父が「俺ももう帰るから車で送って行くわ」と車に乗せてくれました。

で、仕事場までの少しの時間、近況とか世間話とかを叔父と交わしまして、
内容は省きますが、何というか、ええとですね…。

母の弟、ですから叔父はもうそろ還暦でして、
当然、姪っ子の自分はうんと年下、なのですが。
なんかこう、叔父の発言が、青臭いというか、幼いような気がしまして
誤認かなあ?と後日、母にそんな話を振ってみましたら
「私もそう思う。あれはガキっぽい。苦労が足らん」と
同意してくれちゃいました;

とはいえ。叔父は離婚歴もありますし、その折りに借金まで負ってしまったようなので
人並みかもしくはそれ以上の「苦労」はしてるかと思うのです。
それを経ても、還暦間近になっても、自分自信に夢を持てるというのは
ある意味、かなり幸福なことですし、素晴らしいことかもしれません、が。

わたくし、叔父のことはかなり好きではあるのですが
その点だけは、ぶっちゃけてキモいっつーか。
たまたま、つきあいのある間柄の中で、叔父だけが特異なのか、
あるいは、男のひとには、普遍的に、そういう要素があったりするのか…。


でも、そういうのって、私にとっては「不思議」なのです。
そして、不思議だなとか引いちゃうとかキモいとか並べ立てて
「線を引こうとする」私は、実にその、傲慢で、
そのことに嫌気まで差すのです。


人間、何でもアリなんだから、
基本的には、何であろうと、許容できるはず、なんですが…。
まだまだ、修行が足りません。
明日もまた、整理整頓に励みます。



ではでは、また。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新トラックバック
プロフィール
HN:
逢坂みや
性別:
非公開
職業:
マンガ描き
自己紹介:
BL・レディース誌でお仕事中。
最近はもう「何でも描きます屋」となりつつあるも、「何を書いても腐女子」スメル漂い中。
QRコード
ブログ内検索
リンク
最古記事
忍者ブログ [PR]