忍者ブログ
うっちー徒然
[143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そして引き続き、こんにちは、逢坂です。
タイトルどおり、季節はずれの話題です。

みなさま、ホラーはお好きですか?
(ね、季節はずれっしょ?)
自分はえーと、正直苦手の分野ですが
ホラー系のゲームには秀作がかなり多いので
実際自分でプレイしたり、動画を見たりすることは多いです。

で、先日、ゲーム「呪怨」の
プレイ動画を見ておりまして。
もちろん怖い!怖いんですけど・・
同時に、なんか、むかつきましてね;

原作になった映画でもそうなんですが
あれは無関係の人々が次々に巻き込まれて
すっごい怖い目に遭わされたあげく悲惨に殺されていって、
で、ラストが(ネタばれ自重)ですから
どんだけ;殺れば気が済むのか;と。

つまり、「理不尽」なわけですよ。
まあ基本、ホラーの被害者は理不尽な被害者、ですし、
「リング」をはじめとする他のホラー系も
構造は同じな場合が多いのです、が
「呪怨」はあまりにも怖いので、
その理不尽さを、よけいに強く感じてしまうのです。

てか、ただの怨念なのだったら
祟ってる本人を殺したヤツを殺せば気がすむ話っしょ?
なのに念だけそこに残って、無関係の人間を
無差別に襲ってゆく、となると
これはもう、快楽殺人の域じゃないかと。

実にタチが悪いっすよね;
自分は、そこにむかつくわけです。
なので、その大モトが、どんなひどい目にあって、
どんなにひどい殺されかたをしていたとしても
全然、同情なんかできない。

で、リアルで霊に遭遇した際も、
この、「同情しない」という姿勢が重要ポイントなのだそうです。
「お宅の個人的な事情に、無関係の私を巻き込むな!」と
(至極もっともな)強い態度に出られれば、
霊は退散してゆくのだそうな。

まあ実際問題、本当に出会ってしまったとしたら
びびるのが先で;そういう本質的なことは
後回しになってしまうものかも知れませんが。

もしも本当に、「遭ってしまった」時のために;
私はこの「ふざけんなゴルァ!」という気持ちを
育ててゆきたいと思っております。


以上、本日もヘタレネタで失礼しました;
ではでは、また来日。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新トラックバック
プロフィール
HN:
逢坂みや
性別:
非公開
職業:
マンガ描き
自己紹介:
BL・レディース誌でお仕事中。
最近はもう「何でも描きます屋」となりつつあるも、「何を書いても腐女子」スメル漂い中。
QRコード
ブログ内検索
リンク
最古記事
忍者ブログ [PR]