忍者ブログ
うっちー徒然
[69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは。逢坂です。
エンエンと商業誌用のカラーを描いております。
ふうう;時間がかかるなあ…;
今日中のUPは無理かしら;

…で、そろそろ逢坂的な「脱ぐえろ<着るえろ」の
根拠を述べてもいいかなあ、と。
とは言え、BBSで頂いたご意見とけっこう被っても
いますので、我ながら今更感が漂ってたりしています。

で、今更ついでに、
「脱ぎが・えろくない」と思ってるわけでは
ありませんので念のため(^^;)
あくまでも比較対象、そしてそうとう頭でっかちな理由で
自分は「着る派」だと思ったわけです。
その根拠は、おおまかに分類してふたつ、あります。


-------------------------------

根拠1:裸(脱いだ状態)→着衣(着た状態)への移行、とは
    「素の個人」→「社会性を帯びた状態」であること。

BBSでもいくつかご意見頂きましたが、戦闘服とかスーツとかは
なにがしかの「社会的な物語」を負っています。
たとえば、「鎧甲冑→王」「スーツ→ビジネスマン」というような、
その服装が喚起させるイメージを、着た個人が纏うわけです。
となると、その、「纏った物語(イメージ)が呼び起こすイメージ」という
波及性というか、倍々ゲームというか、
「乗算効果」が生まれるのです。

例えば、「王」の物語…高貴・気品・勇壮・戴冠・流浪の旅(^^;)とか
「ビジネスマン」の物語…知的・冷静・仕事・交渉・アフター5、とか、
その物語を構成する様々な要素(アイテム)が芋蔓式に連想されますよね。
そして、そのアイテムに召還された妄想(想像力)が生まれる。
つまりはエロス。エロス要素の連鎖、となるのではないかと。

対して、「裸の素の個人」はあくまでも「素の個人」ぶんの
エロスしかない、わけですから、量的にコレは前者の勝ちかな、と…。

逆に、「脱がせるエロス」というのは、
脱がせる対象が(やはり異性の前なので)
なにかしらの羞恥を感じている、その緊張が伝わってくる…といった
要素に加えて、上で述べたのとは逆のベクトルが働くからかと思います。
「個人がまとった社会性がはぎ取られる」
「素の個人(そのひとの正体)が暴かれる」という意外性や発見が
その際のエロスである…ということになりますか。

特に「暴く」という点においては、
●相手が自ら、さらりと脱ぐ、のと
●自分の命令で相手を脱がせる、のとでは
エロスの量も質もかなり変容するでしょう。
意外性や発見に加えて、支配欲や全能感も満たされるのですから。

で、あくまでも比較対照として、
どちらかと言うと「直情型」の男性諸子は、
こっちの方がえろい、と感じるのかも知れません。
けれど、妄想(物語)に生き、萌え(エロス)に死ぬ(^^;)
オタク性の顕著な男性や腐女子は、その限りではないだろうな、と思います。

メイドカフェ通いが好きなひとは、
「メイド」という物語的なものに萌えているわけで、
メイド役の女の子がメイド服を脱いだとしたら、
それはそれで嬉しいでしょうが、やはり多少、幻想が剥がれて
萎えるところもあるのではないかと、
門外漢ながら予想します。

(…例出しついでに、「執事カフェ」に通うひとの場合は
 どうなのだろう。執事萌え、というよりは
 「執事役のイケメンに大切にもてなしてもらえる・心地よさや高揚感」という
 要素がキモかと思うので、メイド萌えのそれとは
 また少し、質が違うのではないかなぁ…?
 まあ、どちらにも行ったこともないし、
 よほど好奇心がうずかない限り、この先行くこともないでしょうが)




以上、長々と書いてしまいましたが、ひとことで言うと、「着るエロス」とは、

「コスプレ的なエロス」

だということです。



設問をシンプルにしたかったので、
例題のシチュエーションを限定しなかったため、
皆様の様々な物語(コスプレ的イメージ)を伺えまして、本当に楽しかったです。
いま一度、深くお礼申し上げます。



…で、えらい長くなりましたので、もうひとつの
根拠2、はについてはまた来日(^^)/~~~
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新トラックバック
プロフィール
HN:
逢坂みや
性別:
非公開
職業:
マンガ描き
自己紹介:
BL・レディース誌でお仕事中。
最近はもう「何でも描きます屋」となりつつあるも、「何を書いても腐女子」スメル漂い中。
QRコード
ブログ内検索
リンク
最古記事
忍者ブログ [PR]