忍者ブログ
うっちー徒然
[79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おはようございます。逢坂です。
今日も一日ネームやります★
そして仕事を終えた夜は、寝酒やりつつゲームです(^▽^;)
こんなアレなサイクルがいつのまにか鉄板です;

PS2も買ったので、今はエロゲばかりではなく、
コンシューマーゲーム(全年齢対象)もぽちぽちとやってます。
そちらでの最近のヒットは、「リアライズ」。
モトはエロゲでコンシューマーに移植されたものですが
追加イベントにめっさ萌え;
えろはなくてもコレだけでごはん3杯いけちゃうぞ、みたいな。

最近クリアしたエロゲの方だと、
「群青の空を越えて」
「ユメミルクスリ」
「EXTRAVAGANZA~蟲愛でる少女~」
あたりが面白かったな~と印象に残ってます。
逆に典型的なギャルゲっぽい
「マブラヴ」は途中で挫折(;´Д`)×
これはがらりと世界を変える後半がキモなのだ、と
一応知ってはいるのですが…;;;

で、以上のことごとは、興味のないヒトには
まったくどうでもいい話ですが、
…でも。エロゲの制作側のひとたちって
案外かなりBL読んでて、
さりげにパクったりもなさってるような(^▽^;)
てかわたくし、きっと自意識過剰でしょうが、
過去にプレイした体験版の2本
(メーカーは別)ほどに、
「こここれは自分が描いたあの話のアノ要素では…;」と
疑惑の目をむけてしまったこともあるし、
今朝ちょこっとやった、また別のメーカーの
新作の体験版で
「うわ、コレってあの先生のあの話の…;」と
また発見しちゃいましたがな。

(事実、「群青~」にはれっきとした腐女子が
 攻略対象のヒロインになってたりするし;)

まあ、そんなこともどうでもいいことですが、
エロゲやギャルゲにハマリだすと、自然と
ネットのレビューサイトもあちこち巡回することになります。
だってゲームはやはり高いし;
たっかいお金出して地雷踏みたくないしー、で
ひとさまの評価を基準にして買うものを決めるのです。

…で、ここからが今日の本題。
なにげに今朝も、多分、エロゲ関係では
一番大規模なレビューサイトをちらっと覗きに行ったのですが、
そこに寄せられてる感想の中に


「これなら一般人な人でも
 意外とすんなりとプレイできるんじゃないか」

という一文を発見しまして。


…えろゲーマーって「一般人じゃない」の?


というツッコミを入れてしまいました。
「一般人だけど、えろも含めた
 ゲームを楽しんでます」というのが
本当のところじゃないのですか?


同じような違和感が、
昨年、同人誌関係の友人との間の話でも出まして、
友人いわく、
「二次創作系の同人誌だと、
 えろがなくて、かつ使われてるキャラが
 男女でさえあれば
“健全本“と称してるけど、それってねえ…」


えろは不健全、
やおいも百合も不健全、
ひいてはゲイやレズビアンも不健全、てことなのか?と。


そんなことはないでしょう!
数の論理からすれば、そういう試行的傾向が
マイノリティーとされるのはしかたないかも知れませんが
「不健全」とまで言われる筋合いはないはずです。

そういうのって、どうでもいいかもしれないけど、
もしかしたらものすごく、
どうでもよくないことかも知れない。
少なくとも私個人は、


そういう括り方も、括られ方も
すっごくイヤだな!と。



…今日はそれだけの話でした;
さてお仕事に戻ります~;



ではでは、また来日(^^)/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新トラックバック
プロフィール
HN:
逢坂みや
性別:
非公開
職業:
マンガ描き
自己紹介:
BL・レディース誌でお仕事中。
最近はもう「何でも描きます屋」となりつつあるも、「何を書いても腐女子」スメル漂い中。
QRコード
ブログ内検索
リンク
最古記事
忍者ブログ [PR]