忍者ブログ
うっちー徒然
[78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ご無沙汰してます、逢坂です。
ただ今私は2月〆切のお仕事に向けて
2本のネームを制作中です;
ですで例によって;作品世界に浮遊しまくりで
ヒトとしてまったく使い物にならない
状態にありますが、口内炎もなんのその、と
ゴハンは食べて睡眠もとって
とにかく生きてはいますですよ~。

で、実は少し前からmixiに参加してまして、
そちらの日記で「ネームたのしい~♪」と書きましたら
お友達の方から「珍しい(?)」的なコメントを
頂きまして、そうなのかな?と
とても意外に思いました。

世の中の、同人作家さまも含めてですが、
思念や煩悩を形にする作業の中で、どんな時が
楽しい、と思われるのかな。
ネーム楽しい、と思うということは
私はやっぱり、「物語」とか「流れ」を
構築するのが好きらしいですね。
逆に絵を描くのが好きって方は、
もちろんその時が一番楽しい、と思われるのでしょう。

(てことは、私は、そうじゃないんだ…あはははは;(^▽^;)

こういうのって、漫画系の方がたに限らず、
例えば音楽とかのアーティストの方々にも
適応されることなのかな。
あの方々は個別の作業の、どんな時に
ココが楽しい!今が最高!と
カタルシスやエクスタシーを
感じたりするのでしょうか。

シャウトって歌ってる時?
いい戦慄が浮かんだ時?
ナイスな単語が出てきた時?
仲間と呼吸が合った時?

まあ個人差とかも当然あるし、
音楽とかって、漫画よりもよほど「流れ」が重視される
ジャンルでもあるでしょうから、
一律に「この時」とは判断するのは難しいかな。

そう考えると、ゴハン食べたり寝たりとかの
日常の小さなことも、日常という「流れ」の中に
あることなので。

その流れのひとつひとつを楽しめたら
その毎日を、そのひとつひとつを
楽しむこともできますでしょう…と
あいかわらず恵まれた、おめでたい私は
タワゴトをほざいております。

いや、実際楽しいから。
それもこれも、皆様のおかげですから。

いつもながら、ありがとうございますです。


ではでは、また来日(^-^)ノ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2018/04 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新トラックバック
プロフィール
HN:
逢坂みや
性別:
非公開
職業:
マンガ描き
自己紹介:
BL・レディース誌でお仕事中。
最近はもう「何でも描きます屋」となりつつあるも、「何を書いても腐女子」スメル漂い中。
QRコード
ブログ内検索
リンク
最古記事
忍者ブログ [PR]