忍者ブログ
うっちー徒然
[76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは。逢坂です。
現在、年賀状描きやペーパー発送をやりつつ、
年末までうなってたネームを原稿にする作業に
従事しておりますがなかなかコレがね;…
という泣き言はさておき。

BBSではり様から頂きました書き込みに、
ほぼ自動書記状態で、
「自分も不器用、だからFACEも不器用な物語」みたいなことを
書いてしまってから、はた気づいたことがあります。


「よわいひとがどうやってこの世の中をしのいでゆくか」
という一文は、言い換えれば
「よわいわたしが、どうやってこの世の中をしのいでゆくか」
ということですよね。

「わたしは弱い」そして、
「この世の中はしのぎにくい(生きづらい)」

なのに、なぜに…
「わたしは弱く、この世は辛い。
 だから誰か、助けてほしい」にならないのか(^^;)と
書いた後でひとり突っ込みしてしまいました;
まあ、なぜそうならないか、は
自分ではよーく判っているのですが、多少差し障りのある
文脈になりそうですし、かつ、自分語りの恥ずかしさもあり;
理由は伏せさせて頂きます、が。


そういう発想にいかない私が、
自分のことを「よわいひと」などと形容するのもヘンというか、
なにげに傲慢;図々しさ満載のような
発言ではないかと思ったりしています。


いやあの、かように傲慢な私だってですね、
私の生や毎日があるのは、
家族や身内や読者様、といった「ひとさま」の
ご助力あってのことだと、それはわかっているのです。

そう、そういうことや幸運は、とてもありがたきものでして。
同時にまんま「有り難き」という字面通りのものに感じられ。
あって当然、という風には決して思えないことでもあって。
だから即座に「ヘルプ!」が出ない。
そもそも助力、ということ自体が、意識のなかでの別世界;


…それって結局、わたしはそこまでの
(思わず助けを求めてしまうような)
辛い思いをしたことがないからかも(>_<)などと考え出すと
どうにも自分が可愛くない、
傲慢野郎に思われてならず、
しかも、そんな苦労をしたことがない私が、
「この世は辛い」などと訳知りな言葉を吐いたりするもの
なんだか…なんだかなあ;


ともかく明日もちっちゃくなって、
ひとさまのお気持ちを判れるように心がけなくっちゃあ;などと
こっそりと思いつつ。
(ネットに公開しておいて“こっそり”かよ!と突っ込みつつ;)


さーがんばってお仕事するぞー。


ではでは、また来日(^^)/~~~
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新トラックバック
プロフィール
HN:
逢坂みや
性別:
非公開
職業:
マンガ描き
自己紹介:
BL・レディース誌でお仕事中。
最近はもう「何でも描きます屋」となりつつあるも、「何を書いても腐女子」スメル漂い中。
QRコード
ブログ内検索
リンク
最古記事
忍者ブログ [PR]