忍者ブログ
うっちー徒然
[106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは。逢坂です。
お元気でらっしゃいますか。
台風一過とは言え、一掃蒸し暑いこの頃ですから
体調にはくれぐれもご留意下さい。

…とか言いつつ、自分も少々夏風邪気味で(^^;)
目の前のコースに置かれた
〆切というハードルがいつもよりきつく見えます;

で、今日の主旨は「ハードル」について。
というか、春からうちに来てくれている
アシスタント嬢の話を色々聞いて
感じたこと、思ったことなどです。

てか。
最近の若者は…身なり、言葉遣い、心構え、
ほんっとーにきちんとしてる!
少なくとも「その位の年齢だった自分」の
数十倍、ちゃんとしてると思われます。

そんな若いひとたちが、中でも一番、
気を使ってるんだな、と思えるのが
対人感のコミュニケーション。
相手との温度差や空気を懸命に読んで、
傷つけないよう、傷つかないよう
ものすごく気を使っているのが
感じ取れます。

それ以外にも、
身なり、礼儀、言葉遣いに常識に、と
「なんでそんなにデキる子たちなの?」と
デキてない年長者はあっけにとられるばかりです。

…なのですけども、その一方で。
「いつも相手の腹を探り、
 探られてもいるようで、
 ものすごく緊張します。
 少しも気が休まらない」
と言った意見も聞けまして、
なるほどなあ、そうだろうなあ!

なんというか、
「最近の若いひとの周囲や空気」といった
「社会的なニーズのハードル」が、
少なくとも、自分らが当事者だった頃よりも
はるかに高く、厳しくなってる
のではないかな、という気がしました。

(とは言え、それは、
 いろんな意味でダメだった
 わたくしという存在の「体感」「記憶」であるので、
 もしかしたら当時にもそういう空気はあったのかも)

だから。
最近の若いひとって
お疲れなんだろうなぁ、と思うのです。
いろんな意味で余裕がないから、
変な処で自己中ぶりを発揮しちゃっても
道理というか、仕方がないことかもな、と。


ところで今でも、世間さまには
「最近の若いものは(以下、不満と説教)」
「自分の若い時にはもっと(以下、自慢)」とか
真顔で無邪気に言っちゃうひとは
いるのでしょうか?

もしも仮にいたとしても。
そういう立派なひとたちに
いよいよついてゆけなくなってる
ダメっぽい自分をしみじみと感じています。

(※だから上のは、かなり嫌味と
  やっかみが入っているかも知れません(^▽^;)
  なんというか、こういうのって
 「ダメのスパイラル」って言うのかな)

で、※印のぼやきのように、
ひとの視点は、その人の立ち位置によって
さまざまに変わるものですから
「ひととして、あるべき姿」
「ひとならば、かくあるべし」なんてのは
ひとによって千差万別となるわけで。

若いひとってのは、
その市場的な価値(^_^;)とは別に、
社会的な地位としては相対的にまだ低いので、
千差万別ある「大人の要求」を
一方的に突きつけられている立場でもあるでしょうし。

若いひとは大変だろうな、と思うです。
最近は特に、少子化、つまり
「大人ばっかり多い」時代でもあることですし。

なので。相対的に若くない私としては、
「無邪気な大人」のひとりとして、
(日常でも、作品上でも)
最近の若いひとたちに向ける言葉には
気をつけなくちゃな、と思っています。


…と、ここまで書いてみて。
だからと言ってわたくしが、
若くないおとな世代を非難?してるかと
言えばそうではなく、
大人には大人の苦労もあるよ、と。
その辺も一応、大人としては
わかってもいるつもりです(^▽^;)


とはいえ、結局こういうのって、
世代間のことではなく、
「個々人間」の問題であろう、ということも
既に一般常識かと思うのですが…

私から見れば十二分に若い
アシ嬢たまに言いますよ。
「最近の若いコたちにはついてゆけない」とか(^▽^;)

若いから、年かさだから、とか
男だから、女だから、とか
学生だから、主婦だから、
リーマンだから、自由業だから、
受けだから、攻めだから、とか…

くくりやすい(くくられやすい)
カテゴリーには、
本当に要注意です!


というわけで。
本日もオチなしのぐだぐだ話ですみません。


ではでは、また来日(^-^)ノ~





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新トラックバック
プロフィール
HN:
逢坂みや
性別:
非公開
職業:
マンガ描き
自己紹介:
BL・レディース誌でお仕事中。
最近はもう「何でも描きます屋」となりつつあるも、「何を書いても腐女子」スメル漂い中。
QRコード
ブログ内検索
リンク
最古記事
忍者ブログ [PR]