忍者ブログ
うっちー徒然
[98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは。うっちー・ヘタレノビッチ逢坂です。
…こういう自虐な自己愛も;
いいかげんうざい今日この頃ですが;
それはともかく、お掃除もなんとか
あと少し、までこぎつけましてたので、
BBSに頂いたコメントに
すべてレスをつけさせて頂きました。

そして今頃の遅レスではあったにせよ。
久々に、皆様と沢山お話させて頂いて、
なにげに心が潤った感がありまして、
ついでにずっーーーと忘れていた、
アロマポットなど焚いてみたりしています。

今日、昼間、友人と少し話してみた折りにも、
そんな話題になったのですが、
引きこもり、とまではいかなくても、
直にひとと接触することが
少なくなってくると、
どんどんそれが億劫になって来てしまい、
だから社会性も加速度的に
薄れて来てしまうようです。

ですから私、いまだったら、
不登校の子のキモチや
引きこもりのかたのキモチ、
かなり分かる気がしています。
ほんっとーに、億劫になるよね。
目の前の(心理的な)ハードルが、
日ごとに加速度的に高くなって行く気がして、
動く前から、心が折れてしまいますよね。

で。久しぶり、のついでのついでに、
新聞などめくってみましたら、
また猟奇な事件が
世間様をにぎわせていたようですね。

生首携帯って;
なんだってそんな重たいモノを
好きこのんで、と。
記事を読んで真っ先に思ったのがソレでして;
「母親の生首を持ち歩くキモチ」って
どんなんかなあ、と
いろいろ想像してみました。

ぶっちゃけまして、わたくし、
コトの是非はともかく、
「母親を殺したくなるキモチ」までは
かなりわかる気がします。
ひとことで言えば、
「関係性の希求」ってヤツでしょうか。

よくも悪くも、母子ってのは
関係性が密なものでありますから、
よくも悪くも、「その時の」カレにとって
「一番身近な他人」というのが
たまたま母親だった、ということで、
心理的なハードルが低かったんじゃないかな、と。

だから、たまたま、その時、
カレが抱えた内面の
憤懣やら混沌やら鬱積やらを
「一番ぶつけやすい対象」
だったのではないかな、と。

母親のしつけがどうのこうの、ではなくて、
「母親、という立場だったから」
殺されてしまったのではないかな~、と。
要するに、家庭内暴力ってヤツと
構造的には同じなのではないかな~、と。

で。そこから先の、生首携帯につきましては。

もしかしたら、そこに何かしらの
エロス的な(性的な)欲動があったのかも。
分かりやすい例で言うと、
「阿部サダ」かな~と思います。
まあ、猟奇って、得てしてそういう
性的エロスを伴っていますものね。
だから、私を含めて、
世間さまって、
こういう事件が起こるたびに、
嫌悪で眉をしかめつつも、
惹きつけられて止まない部分が
あるのではないかなあ…と
ぼんやりと思ったりしています。

んで。そういう共感?めいた
部分とは別のところで、
カレの心理や病歴がどうであれ
社会全体の益のために、
他の殺人犯と同様に、
裁かれてほしいな、と思っています。

それに、その方が、きっと、
心理的に社会(外界)から
隔絶してしまっていた
カレへの、なんというか…
そうして「一般人と同様に」
扱ってあげたほうが、
むしろ親切、むしろ優しい
行為ではないかなあ、と思ってもいます。

それにしても、生首かあ。
切り取るのも大変だったろうし、
肩に下げても、重たかっただろうになあ。
どんなキモチだったんだろう。
おかあさんのこと、
そんなに好きだったのかなあ。
それとも、ただ単に、
ひとりでいたくなかったのかな。
随分哀しいお話ですけど、
殺っちゃったんだから、しかたないよね。

とにかく、きっと、
くたびれちゃったカレのために、
今はゆっくり
眠れているといいのだけどな、と
しばし祈る次第です。


ではでは、また来日(^-^)ノ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新トラックバック
プロフィール
HN:
逢坂みや
性別:
非公開
職業:
マンガ描き
自己紹介:
BL・レディース誌でお仕事中。
最近はもう「何でも描きます屋」となりつつあるも、「何を書いても腐女子」スメル漂い中。
QRコード
ブログ内検索
リンク
最古記事
忍者ブログ [PR]